古書街のお店へ|無理なく働ける風俗求人探し/気をつけておきたいポイントとは
シトールをかぶっている女性

単なる古本ではなく、部数が少ないとか歴史的な価値を持っているとか、人気が高い名作であるためになかなか世に出ないとか、絶版であるとか、さまざまな理由で特に高い価値が付いている古書。
このような古書を専門に扱っている、古書のプロがいる専門店が存在します。お宅に古書があるという人のなかで、もし処分を考えているというのであれば、近所の古本屋さんに二束三文で売ってしまうのではなく、古書店を利用して買取をしてもらいましょう。

買取をしてくれる古書店は、多くの場合おなじようなお店が建ち並ぶ「古書街」のなかにあります。その街は道の左右にずらっと古書を扱うお店ばかりが並んでおり、読書好き、本好きにとってはまるで夢のような街であるわけですが、同時に、古書を処分したい人にとっても便利な街ということになるのです。店頭に持っていって査定を依頼すると、買取額を決めるためにお店の人が本をじっくり見てくれるのです。
こうして本の価値が正しく決まり、モノによっては千、あるいは万の単位で買取されることもあります。

このような古書街としては、有名なところでは東京の千代田区にある神田神保町が挙げられます。ここは歴史ある街で、老舗が建ち並んでいます。実績あるお店ばかりなので、安心して買取をお任せすることができるのです。